一生モノだから二人で納得の出来る結婚指輪を

結婚指輪はサプライズ的要素がなく、2人で選ぶ事も多い為、比較的安心して選ぶ事が出来ます。
しかしながら、男性も女性も付けられるデザインである事に加え、2人のサイズが両方揃っている必要があります。
また、日常的に付けやすく長持ちする必要がある為、あまりに突飛なデザインや、壊れやすいデザイン、ゴミが詰まりやすいデザインは避け、何十年か経っても2人が共に付けられる形の指輪を選ぶと良いでしょう。
最近は、オーダーメイドも充実していますので、世界に一つだけの2人のデザインを考えるのも素敵ですね。
年長の知人は、婚約指輪、結婚指輪、アニバーサリーリングと、どんどん重ね付け出来るデザインを選んでいました。共に年を重ねて、リングも重なってゆくのもロマンスを感じられます。
指の太さは一生変わらない方もいれば、どんどん変わる方もいますので、念のため、お直しをしてくれる所で購入する事をお勧めします。老舗であれば末長くメンテナンスやサイズ直しでお付き合い出来ます。
一生物ですから、将来を見据えて賢いお買い物が出来るといいですね。

結婚指輪を選んだポイント

夫と結婚するにあたって、決めることの一つとして結婚指輪を選ぶということがありました。
長く使う物だからしっかりした物を選びたい、そしてできればシンプルな中にもおしゃれ要素がある物を選びたいと思って夫と探し回り、気に入った物を見つけました。

夫の物と私の物は男女のペアでおそろいなのですが、シンプルなリングの中に一部曲線を描くカーブが入っているようなデザインで、少し凝っているところが気に入りました。
夫の物にはダイヤモンドは入れられていませんが、私の物にはダイヤモンドが一つ入っています。
結婚をして仕事をする機会があった場合に職場でもつけられる物をと思ったのですが、少し女性らしさもほしいと思ってダイヤ入りを選びました。

結果的に指輪選びはこれで良かったと思います。飽きが来ないデザインですし、ダイヤが入っていることもポイントとして気に入っています。
メンテナンスをしっかりとしてくれるお店で購入したので立ち寄ると指輪を磨いてくれるサービスがありますし、購入当時にはそのブランドのオリジナルの男女ペアの
くまのぬいぐるみをもらいました。

夫も毎日指輪をつけていますし、普段はあまり意識していませんが、ふと指輪が目に入った時などに、あれからずっとつけているな、もう長い間一緒にいるななどしみじみと夫婦の歴史を感じます。